Fairy Tale

趣味で作っているコスプレ衣装の製作記
他RagnarokOnlineの話や個人的なコスプレ写真や、人形の写真等

ラグナロクオンライン

音楽

一志様の新曲

とうとう来ちゃったよ…
感想伝えたくても一志様は空の上です

もしあの時、霊感が異常に強いあの人と一緒に献花式に行ってたら、どうしてあちらの世界に逝かれたのか、聞いてもらえたかもしれない…

でももし、御本人がいるであろう場所を教えて貰ったらその場で動けなくなってたかもしれないね


MY favorite songをアレンジに入れてるあたり、京都にまた行きたかったのかな?
途中のギターソロ、楓弥節みたいで、Kagrra,の面影をちゃんと残してて、聞いてて安心できたよ。
一志様の歌詞、大好きだよ…

飛蘭さんのLIVE

昨日は、前の職場で同期だった柾さんと、池袋にいって遊んできました。

一日歩き回るので「ちゃんと寝れないとダメだなー」と思ってお薬を飲んでから寝たところ、アラームが聞こえない程、久々に少し深い眠りにつけたため、思いっきり寝坊をしてしまいました(滝汗

13時から柾さんが好きな飛蘭(フェイラン)さんという声優さんがサンシャインシティの噴水広場で新譜発売記念無料LIVEをするということで、私も参加させて頂きました!!

やっぱ、声優さんとかだとサイリウムなんだろうなと思ってると、柾さんは私の分までサイリウムを持ってきてくださり、おかげで初めてお目にかかる声優さんのLIVEにもかかわらず、かなりたのしめました(*´∀`*)
前座で司会の方が
「熱狂的な応援はご遠慮いただきたいのですが、たくさん盛り上がってくださいね」
と不思議な日本語でお話されてたので、今回はどうもオタ芸は禁止らしいと…
それでもセンター最前の応援団的な人々は、タンバリンを改造したような5本付きサイリウムでめいっぱいはしゃいでいらっしゃいました。

そして上手側にいた私達もまけじとジャンプ!ジャンプ!
柾さんは周りがあまり跳ねてなかったせいで跳ねたりなかったみたいです。

初めて拝見したアーティストさんなので、セットリストは曖昧ですが、5曲中、2曲目にALIVE(だったかな)、3曲目にカーペンターズのカバー、4曲目が上を向いてあるこう でした。

ハスキーボイスを上手に使ってるなぁと思いましたね。

LIVE後に、アニメイト池袋店で予約すると、初回版、通常版とは別のサイン入りアナザージャケットが手に入るということで、ステージの横に即席でできた予約ブースには長蛇の列ができてました。

このご時世CD自体は売れにくくなってるのに、凄いなぁ・・・
愛を感じるよね


その後Disney Storeでナイトメアー・ビフォア・クリスマスの新作ぬいぐるみを見て、きゃっきゃしたり、洋服をみたりしてると、今度は鈴村健一さんのトークショーが始まってました。私は鈴村さんより櫻井さん派なので、熱狂的にはみませんでしたが、遠巻きに耳の保養をさせてもらってました。最後の方で歌ったり、握手会もしてたようです。
そして飛蘭の時よりギャラリーと黄色い歓声が増えてましたw(さすがです


その後、アニメやゲーム関連のお店を何店かめぐり、酔いが回らないように気をつけつつ、みのりんの話をしてキャッキャしてきましたw


至極!四国ナイト

267ef857.jpg


f461b4be.jpg
 e70349ec.jpg

至極!四国ナイト 8/5 渋谷七面鳥

areasセットリスト
1,君となら
2,共鳴
3,TRUE LOVE
4,星空
5,Reach out to the other side


バンドメンバーに四国出身者がいるバンドばかりを集めたAcousticLiveが渋谷にある「七面鳥」というLIVE HOUSEで開催されました。areasには愛媛出身の宮内さんがいらっしゃいまして、ゆぅ君が「宮内俊成with his friends」として参加されるということで行って参りました。

渋谷の細道をちょっと迷って歩いてると、地元民なのかコンビニ帰りの男性がいらっしゃったので道を尋ねてなんとか辿り着きました(汗
半日体調崩してたので、あまり早くから参加はできず長居も出来てなかったので聞けなかったのですが、今回は元areasのギタリストヒロタコウヘイさんも出演されてたようです。LIVE HOUSEは白を貴重としたアンティーク調の内装で、ドリンクチケットも貝殻で、またAcoustic Liveとありどこか常夏のリゾートに来てるような心地になりました。いつもどおり上手に行こうとしてたのですが、既に上手前の座席にはヒロタコウヘイさんとそのお連れ様(ゆきえさんかな?)がいらっしゃってたので、下手最前で鑑賞することにしました。(中央は通り道になってました)そして、到着とほぼ同時くらいにareasの演奏が始まりました。

areasの今回のメンバーは宮内さん、佐々木さん、ゆぅ君でした。宮内さんは普段ベースを弾いてるのですが、今回はアコースティックギターを演奏されてました。ゆぅ君は8/4の日記に載せてた画像のGuitarで、黒のタンクトップにグレーのTシャツ、そして頭にはいつもblogに載せてたサングラスを乗せてましたw

宮内:真ん中に座ってる人(Vor.佐々木)四国出身のように思ってるかもしれませんが実は僕が愛媛出身です。ゲームでいうラスボスの横にいる敵の方が実は本体で強かったというよくあるパターンです。
会場:笑い
宮内:なんか俺らの曲暗いとか言わてるんだけどねwww

といった流れで新曲の「君となら」をAcoustic ver.でお披露目。前回も聞いてて思ったんですが、佐々木さんの歌唱力が半端ないです!マイクの使い方も上手いんだと思うんですけど、マイクから20cmくらい離れてても演奏に負けてないんですよ。絶対生で聴いて魅力に気がついた方がいいです!!きっと肺活量が半端ないんだろうな。なんかお腹から声出してます!ってのが凄い伝わって伸び伸びとしてて聞いてて凄く気持ちがいいんです。

宮内:えー、愛媛といえばみかんですね。みかんの生産第一位でございます。
   ええ…。で高知はトマト、そして香川、徳島と…(香川と徳島を流そうとする宮内さん←
会場:えーwww
宮内:香川はうどん、徳島は…カボスと、
琴姫-Kotoeri-:すだちだよ!!
宮内:分かってますってぇ~(笑)徳島はすだちですねwツッコミありがとうw
   そんなね、四国が合わさって起こる科学反応を今回書き下ろしました。

と共鳴のAcoustic ver.がスタート。うん、Acousticとしての共鳴は初めてだけど共鳴は既にリリースされてる曲じゃんかwwwと内心ツッコミをいれて聞いてました。この曲はゆぅ君のギターが間奏でいっぱい聴けて幸せでした。

宮内:えーさて、本体がセンターやって参りました。次はですね版権ギリギリというかカバーという形で僕の数少いもち唄を歌います。

といって佐々木さんがアコギを演奏し、藤井フミヤさんの「TRUE LOVE
」歌って下さいました。この曲も原曲もAcousticだったので前までの曲との雰囲気が崩れずよかったです。宮内さんはこの他に1曲くらいしかもち唄がないとかいってたのですが、凄くうまかったのでもったいないなーと思いました。ここで楽譜をやや左に動かしてくれたのでようやく座席からゆぅ君の手元が見やすくなりました。

佐々木:チューニングに時間がかかってるようなので少しお話ししましょうか…えーareasはね以前所属してくれててたヒロタコウヘイ君に変わり木村雄一郎君が入ってくれました。これで何回目?3回目?
木村:((. .)ウンウン
佐々木:彼、若いながらかなりのテクニシャンなんでね…てか3回目にしてこの(アコギで大変な)LIVEで、嫌いにならないでねw
木村:(*´∀`)ハハハ
宮内:さて、春先になると新入社員が増えてきますね?
そして僕のバイクにも黄色いヒラヒラした物が付けられまして、そこにはいかにも女子高生のような丸文字が書かれてるわけですよ。普段は来ないような場所まで駐禁を取りに来る新入婦警さんに対する希望と怒りを曲にしました。「星空」(キリッ

と、また冗談をいってCD未収録の星空がスタート。星空好きだから嬉しかったです☆佐々木さんが楽譜台を下げ始めたので更にゆぅ君の様子が見やすくなってました。

宮内:今日はなんかareasおかしいですが普段はそんなことないんですよ?まぁそんな、綱渡りな感じでやってますけどね
琴姫-Kotoeri-:そんなことないよ!!
宮内:ありがとう!!
   次は8月30日にここから少し歩いた渋谷TAKEOFF7にてまたLiveをするんでよかったら遊びにきてくださいね。あとCDも物販でありますし、メルマガがあったりmixiにコミュがあったりあったり…ねw
  というわけで次で最後の曲です。
会場:えーw
宮内:四国にはですね石鎚山という一番高い山があります。ここら変でいう富士山ですねw
会場:笑い
宮内:そんな石鎚山のように高見を目指して書いた曲です「Reach out to the othe side」

とまた冗談をいい、Reach out to the othe sideが演奏されました。途中まで気持ちよく歌ってたのに(入り口の横にステージがある関係で)途中から目の前でを次のバントを見に来たお客さんが通ったりしててあまり落ち着いて聞けなかったけなかったon_ まぁ演奏する側としては途中からだろうと何だろうと一人でも多くのお客様に聞いてほしいだろうから仕方ないかな…

演奏後、ヒロタコウヘイさんがフライヤーを配ってて、私のとこにも持ってきてくださいました。
ゆぅ君は終始固まってて演奏後もまだ固まってたっぽいので(笑)心配でしたが、「蘭々、上手だったよ♪」って声かけたら嬉しそうにしてました。そのあと、佐々木さん達とヒロタコウヘイさん達のお席の方に移動して次のバンドさんも聞いてました。

次のバンドの「カミジョウテツヤwithまめんず」さんはドラムのまめさんが香川出身だそうで、とても陽気なバンドさんでした。あと個人的にはピアノの音が凄く好きなので、なんかジャズバーに来てるような気持ちにもなれました。ここでオーダしてたオーガニックコーヒーが炒り終わりテーブルに運ばれて来たのでコーヒーの香りで更に気分良くなりずーっと聞きってました。
最後の曲で「パーパーパー…」と一緒に歌ってください言われて会場の雰囲気に合わせて歌ってると、いきなりマイクを向けられてしまい一緒に歌ってきましたw

カミジョウ:なんか今歌ってくれた子、野外ショーでショッカーに捕まった子供ゲストみたいに怯えてたんだけどwwwごめんね。あとでお礼するねw

といって、演奏後握手をしに手を差し出してくれました。

この後もう1バンド残ってたのですが、佐々木さんとゆぅ君にご挨拶をして、LIVE会場を後にしました。

今回のLIVEには徳島出身のバンドマンさんが居なかったそうで、徳島出身の方がいたらローカルなお話ができるかななんて期待してただけに、ちょっと残念でしたが、areasの演奏聞けて嬉しかったし、リゾート気分にもなれたし、四国という温かい雰囲気にも包まれたし、とても幸せでした。

↓↓雄一郎さんのblog↓↓
http://ameblo.jp/orochi-ranmaru/
OROCHI大蛇時代から続いてる歴史あるblog♪

↓↓areas公式blog↓↓
http://ameblo.jp/areasblog/
会場限定CDの内に含まれる、Reach out to the othe side と LOVE? の音源が聞けます

↓↓areas公式HP↓↓
http://www.areasrocks.com/
LIVE情報とかいろいろ載ってます

↓↓My Space↓↓
http://www.myspace.com/areasrocks
発売してるCD音源と会場限定のCD音源全曲の一部分が聞けます

↓↓audioleaf↓↓
http://www.audioleaf.com/areas

明日はareasのLIVE

明日はareasのLIVEだね。
先月は、一志様の訃報を聞いたあとで、動揺してて行けなかったけど明日は行きたいな。
蘭々が癒してくれるってmixiに書いてくれてたもんね。
あー何着て行こう…
アコギなら、跳ねないだろうし、サンダルでもいけるのかな…?

今年阿波踊り見に行くから、四国メンバーがいるバンドさんばっかりで嬉しいね。

ちょっとは元気もらえるといいな。

めるまがv

ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノドキドキドキドキゆぅ君からもといareasからめーるが来たあああアップアップ

今回のメルマガはゆぅ君が担当だったみたいで、いつものblogより、一層愛が籠ってるぅラブラブラブラブラブラブ
きゅーん恋の矢

お金的にけっこうギリギリだけど、できたら遊びにいきたいな!!!!

ノーミスを期待してますパンチ!←愛の鞭w
記事検索
タグ絞り込み検索
Twitter
↑blogより早い製作進捗情報はこちら↑
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
このblogについて

こちらのblogはリンクフリーです。バナーをご利用の際は直リンはご遠慮下さい。
Link

<取り扱いジャンル>
・Ragnarok Online
・Perfume
・Disney
・Super Dollfie
・Livly Island
・コスプレ
・その他

■ラグナロクオンライン 規約■
ラグナロクオンラインはガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の商標です
©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。


■スーパードルフィー 規約■
スーパードルフィーは株式会社ボークスの商標です。
Copyright ©VOLKS INC. All Rights reserved. / 創作造形 © ボークス・造形村
※このコンテンツ内の情報、画像の二次使用及び無断引用は禁止いたします。


■Livly Island 規約■
『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、ソネットエンタテインメント株式会社の商標です。
リヴリーアイランドのゲームに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社ゲームポットに属します。
このサイトは『リヴリーアイランド』およびソネットエンタテインメント株式会社、株式会社ゲームポット
とは一切関係がありません。